奥野弁護士のつぶやき

2014.03.31更新

相続税が改訂されて平成27年に施行されます。
今までと大きく変わるところは、相続税の基礎控除額が現在の6割に縮小されます。
このことから、今までは相続税の申告が免除されていた人も申告が必要になります。
うちにはそんなに遺産は無いから大丈夫、と簡単に思っていませんでしょうか。

土地、不動産ももちろん相続する財産ですので、不動産の評価額を出して相続税の申告が必要かどうかを確認する必要があるでしょう。
また複数の親戚で相続を分ける場合にもさまざまな手続きや届けが必要となります。

このような相続についてお悩みがある神戸でお住まいの方は、専門知識がある当事務所へご相談ください。
ご依頼人に状況や要望を受け止めて、ご親戚などの利害対立なども考慮しながら、より良い結果となるようにサポートさせていただきます。

投稿者: 奥野法律事務所

2014.03.26更新

弁護士への相談内容として、近年増加傾向にあるのが借金問題です。
神戸にお住まいの方で借金の返済が厳しくなり、誰にも相談できずに苦しい思いをしている方は、どうぞ安心して当事務所へご相談ください。

特に、生活費をキャッシングでやりくりしているような方は、早めの対策が大切です。
キャッシングは、繰り返しているうちに感覚が麻痺してくることもあります。
そうなっては、いつになっても完済できませんので、借金そのものも、またご自分の意識をリセットするためにも、債務整理をしていきましょう。

借金の金額や借り入れ先の数によって、任意整理や自己破産、個人再生などの方法があります。
当事務所は、ご依頼者さまにとって最適な方法で必ず解決させますので、返済の悩みから解放される日に向けて、一緒にがんばりましょう。

投稿者: 奥野法律事務所

2014.03.17更新

当事務所は、離婚問題や相続問題、労働問題を専門としており、これまで数多くの事例を解決に導いた実績がございます。

さて、当事務所には労働問題に関するご相談が増えつつあり、その背景には昨今問題視されているブラック企業にあるのではないかと考えております。

ブラック企業については再三に渡って報道されておりますので詳しいご説明は割愛させて頂きますが、当事務所に多く寄せられるご相談事例として一方的な解雇や理不尽な転勤、人格を否定するパワハラなどが挙げられます。

本来、労働基準監督署の管轄ではないかと思われるこれらの事例ですが、実際には介入が難しいケースが多く泣き寝入りを余儀なくされる方が後を絶ちません。
当事務所では泣き寝入りをしないためにもまずはお早めにご相談される事を強くお勧めしております。

投稿者: 奥野法律事務所

2014.03.13更新

相続や遺産、離婚、近所トラブル、交通事故や損害賠償など弁護士を立てて争うことに、日本人の多くはとてもハードルが高いという印象を持っているのが現状です。
弁護士という言葉を聞くだけでも、何かおおごとに感じてしまうこともあります。

弁護士に対して一般的にはとても堅苦しく近寄りがたいとのイメージを持っている人も多いものです。

当事務所は地域密着のアットホームな法律事務所として、さまざまな法律問題に悩む皆さまのお役にたちたいと考えています。

弁護士の業務は、トラブルを未然に防ぐ事、もしトラブルが起こった場合でも訴訟を起こすことなく相手側と示談などの交渉を行うこと、また示談などが成立しない場合トラブルを裁判所で解決を図る事など幅広いと考えています。

一人で悩まずぜひお気軽に弁護士にご相談下さい。

投稿者: 奥野法律事務所

2014.03.10更新

生きていると、1人で解決するのが難しい問題に直面することがあります。
例えば、近年増えているのが、企業と個人の間で起こる紛争です。
賃金の未払いや不当解雇、残業代の未払い、退職推奨、パワハラやセクハラなど、雇用形態も多様化する中、問題も増えています。
企業側も、時代に合わせて就業規則などの労務管理内容を見直す必要があるでしょう。

このような問題は、話し合いの段階で解決できれば良いのですが、話し合いで折り合いがつかない場合には、泣き寝入りすることなく、法律のプロに相談するのが早道です。
当事者の立場で問題を解決へと導きます。

お一人で解決できないような問題でお困りの方は、当事務所へご相談ください。
問題が大きくならないように示談交渉するか、調停、訴訟などで皆さまをサポートさせていただきます。

投稿者: 奥野法律事務所

tel:078-362-1067 メールでのお問い合わせ