奥野弁護士のつぶやき

2016.06.06更新

よろしくお願いいたします。

投稿者: 奥野法律事務所

2013.08.05更新

私が現在受任している事件の中で、一番多いのは離婚関係です。

離婚には、協議離婚、調停離婚、裁判離婚があります。
通常、協議が成立しなければ家庭裁判所の調停、調停が成立しなければ裁判を提起することとなります。

つまり、協議⇒調停⇒裁判の順で当事者の対立がより深刻になっているといえます。

弁護士は、協議・調停・裁判のいずれの段階でも関与することができます。
私が現在受任している離婚事件は、協議段階、調停段階、裁判段階のいずれも段階もあります。

弁護士を関与させるメリットとしては、離婚の際当事者が法的に主張できる権利等がありますので、弁護士がいればこちらの主張の漏れがないか、相手方の主張は適切なのかアドバイスすることが可能です。

また、当事者だと感情的な言い合いになるところ、第三者的な立場の弁護士が間に立てば、幾分か冷静な協議が可能であるということが考えられます。

離婚の際に主張できる権利はまた別の機会に述べたいと思います。





投稿者: 奥野法律事務所

2012.07.09更新

今日から本格的にブログを始めることにしました。
宜しくお願いします。

何から始めようか悩んだ末に、まずは自己紹介から。

私は、昭和43年兵庫県明石市で生れました。
父親は集団就職時代のサラリーマン、母親は専業主婦のごく普通の家庭です。

小学校(藤江小学校)のときは2歳下の弟とともに、近所の神社や田んぼを走り回っていました。
勉強は中の上くらいだったかな。運動はかなりの低レベルでした(笑)。

5年生から近所の個人塾に通い始めましたが、その塾は中学受験は念頭にないところでした。
私は小6の夏まで、中学受験なぞ考えたこともなく、最寄のB中学校へ行くつもり満々でした。
しかし、小6の秋に同級生に誘われ、ダメ元で受けた私立中学に奇跡的に合格しました。

その学校の名前は白陵中学校。高砂市にある中高一貫の学校です。
そこでの生活は筆舌に尽くしがたいもの(笑)がありました。
その内容は「自己紹介2」で紹介します。



投稿者: 奥野法律事務所

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

tel:078-362-1067 メールでのお問い合わせ